人手不足にならない為に|社労士us.office 札幌 労務相談

query_builder 2023/12/11
ブログ
25403912_s

 今やどの業界でも人材不足が問題になっていますが、人材の確保・定着のために重要なこととは?

人材難の状況

同じ悩み

 業種によって差はありますが、事業を運営している中で人材に対する問題がないということの方が少ないです。人が集まらない、定着しないが主にみなさんが考える部分でしょう。

売り上げに直結する

 人材に関する問題点は売り上げにも関係してきます。売り上げが見込める場面にも関わらず人が足りなくて対応できない、人材の募集に経費が多くかかってしまうなど、人材に関する悩みがなくなると、会社として本業に集中できるいい環境が整います。

完全解決はできないが、、、

 人材に関して、問題が発生しにくくすることは可能ですが、未来永劫問題が起きないようにすることは難しいです。しかし、事業展開を行う中で一番差がつく部分でもあるため、重要問題として対応しましょう。

人材に関する悩みは悪循環から

人材悪循環

 人が集まらない、定着しないというケースは多く同じパターンに陥っていることが多いです。人が足りない→求人募集をかける→人が足りないので応募があった方から採用する→人が足りないので教育ができる環境がない→教育もなくいきなり多忙な為すぐに辞める→人手不足、という悪循環です。

抜け出すことが難しい

 上記のような悪循環に入ってしまうとなかなか抜け出すことが難しいです。その為、まず第一に悪循環にならないよう、人材に関しては早め早めに未来を予測して対策をうっておきましょう。余剰人員の確保、業務分担の見直しetc。

いい人材はなかなかこない

 いい人材がこない、教育する時間がないという状況は多く見られますが、いい人材がくることはかなりのレアケースです。いい人材を採用するという考えをまず変えましょう。いい人材を採用するのではなく、いい人材に育てるという視点を持ちましょう。

時間がない!

 教育する時間なんてない!とてもよくわかりますが、ここを頑張らなければ永遠に人材に悩むことになります。教育する時間を考慮して採用、教育制度の整備を率先して行いましょう。採用当初は少し業務がキツくなるかもしれませんが、教育がきちんとされた後に効果が現れます。

目先を見ない

 目先の業務に目を向けて教育を後回し、できる従業員だけに集中してしまうと、いつまでも業務のきつさは変わりません。目先を見るのではなく、長い目で業務の変化を考えましょう。

人材の定着による効果

定着すると

 人材が定着するとサービスの向上、質の一定化、人材に関する問題対応の減少などにより、将来を考えた経営ができるようになります。業種・方向性にもよりますが、人材は必ずついてくる問題のため、重要度を高めに考えましょう。

対応策はいろいろ

 人材に関しては、タイミーなどの短期バイトやロボットによる代替等、対応策は様々あります。自社にあった対応策を考え、よりメリットのある体制を考えましょう。

生産性UP

 余剰人員を考えることや教育の時間を確保することなど、これらを対応するためには確実に生産性の向上が必要不可欠です。1人あたりの業務量・売り上げが増やせるように、業務の進め方や値段設定は随時見直していきましょう。

us.office

 us.officeではクラウド勤怠管理・給与計算システムの導入・運用支援、給与計算・労務手続きのアウトソーシングを通じて、業務の効率化・適正化・ペーパーレス化をお手伝いしておりますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 残業代が必要ない管理監督者とは?|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/05/20
  • 社会保険の適用拡大|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2024/04/22
  • 給与計算システム導入時の注意点|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/04/01
  • フレックスとはどのような働き方?|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2024/03/18
  • 健康保険料率が3月から変わります|社労士us.office 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/03/04

CATEGORY

ARCHIVE