社労士事務所とは?|社労士us.office 札幌 給与計算・労務手続きアウトソーシング

query_builder 2023/04/24
ブログ
22705771_s

 社労士事務所とはいったい何をしてもらえるところなのでしょうか?

社労士事務所は何をするところ?

労務手続き

 会社で従業員を雇用したとき、従業員が退職したとき、産休や育休に入ったとき、などなど労働基準監督署やハローワーク、年金事務所へ届出を行わなければいけないことは多くあります。これらの手続きを会社に代わり行うのは社労士の仕事です。

労務相談

 従業員を雇用し給料を決定する、会社のルールとして就業規則を作成・変更する、様々な労働法の改正等に対応する体制を作る。これらの雇用に関する問題を解決していくのも社労士の仕事です。会社に合った給料の制度や労働時間の制度、労働法の知識を活用し、会社の発展をサポートします。

その他の仕事

給与計算

 給与計算は労務の手続きや労働時間のルールなど、労働法の知識を活用して行います。そのため、会社の給与計算を代行して行っている社労士事務所も多く存在します。

助成金申請

 パートを正社員にキャリアアップしたり、資格取得をサポートしたりした際に給料等の補助が受けられる助成金という制度があります。この助成金の申請を代行して行っている社労士事務所も多くあります。

システム導入支援

 勤怠管理や給与計算、労務管理を行うためにパソコンやスマートフォンで効率的に管理ができるようなシステムがたくさんあります。これらのシステムの導入支援を行い、会社の労務業務の適正化のお手伝いもしております。

資格を持っていなくてもできる

 給与計算やシステムの導入支援は社労士の資格を持っていなくてもできる業務ではあります。ですが、社労士の業務と密接に関わっているため、本来の社労士の業務に加えてプラスでサポートをしていることが多いです。

それぞれ特色がある

行う業務も違う

 社労士事務所だからサポートしてもらえる業務は同じだろうと考えるかもしれませんが、社労士業務の中でも対応しているものが異なったり、得意分野は変わります。

サポート方法も違う

 サポートする業務は同じだとしても、システムを活用するパターンや訪問対面を重視しているパターンなど、サポートの仕方も大きく異なります。

会社に合った社労士を選ぼう

目指す方向を明確に

 社労士事務所ではそもそも何をしてもらえるのか、社労士事務所に頼んだ場合に自社の業務はどのように変わるのか、会社として従業員を増やしたいのか、少数精鋭でいきたいのかetc。会社として目指している方向性、社労士事務所に頼んだ時にどのような状態になりたいのかを明確にし、自社に合った社労士事務所を選ぶことが重要です。

us.office

 us.officeではクラウド勤怠管理・電子明細システムの導入・運用支援を通じて、労務管理業務の効率化・適正化・ペーパーレス化を促進し、給与計算・労務手続きのアウトソーシングを行うことで自社の業務を減らし本業に集中できる環境を整えることに注視しております。システムの導入や業務のアウトソーシングについてお困りの際はお気軽にご連絡ください!

NEW

  • 残業代が必要ない管理監督者とは?|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/05/20
  • 社会保険の適用拡大|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2024/04/22
  • 給与計算システム導入時の注意点|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/04/01
  • フレックスとはどのような働き方?|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2024/03/18
  • 健康保険料率が3月から変わります|社労士us.office 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/03/04

CATEGORY

ARCHIVE