1週間のスタートはいつ?|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

query_builder 2021/09/13
ブログ
22066488_s

 1週間で40時間、1週間に1日などの1週間を単位にした決まり。これらの1週間は何曜日スタートなのでしょうか。

1週間の決まり

ルール

 法定労働時間の原則は1週間40時間、法定休日の原則は1週間に1日です。このように1週間を単位にしてなくてはならない日数や時間が決まっています。

曜日によって

 月曜日から土曜日まで1日8時間働いたとします。このとき、1週間の始まりが月曜日の場合、48時間で1週間40時間を超えてしまいます。ですが、1週間の始まりが水曜日の場合、まだ1週間で40時間を超えるのかどうかはわからなくなります。このように1週間のスタートが変わることによって、必要な給料や時間、休日が変わってきます。

何曜日でもいい

会社で決める

 何曜日スタートなのかは結論、いつでもOKです。会社のルール決め次第ということです。月曜日始まりでも、水曜日始まりでも、金曜日始まりでも問題ありません。なお、何曜日スタートなのかは就業規則等にきちんと規定しましょう。

決まりがない

 会社として何曜日スタートにするという決めごとがない場合は、カレンダー通りの日曜日始まりになります。

きちんと規定

 おそらく多くの方は月曜日を1週間の始まりと感じて動いていると思います。感覚的には月曜日スタートなのですが、規定がなくカレンダー通りになると日曜日スタートになってしまうので、会社として何曜日が始まりなのかはきちんと決めておきましょう。

1年の始まり

 1週間の始まりもそうですが、1年の始まりも決めておきましょう。残業時間の上限、原則1年で360時間など1年単位で考える場面もあるので1週間同様にルール作りをしておきましょう。

細かいけれど、、、

 何曜日スタートにするかはちょっと細かいなと思うかもしれませんが、1日違うだけで残業のあるなしにも関わってきます。勤怠管理を適正に行うためには事前のルール決めが非常に大切になります。細かい部分を見逃さないようにしましょう。

勤怠管理システム

システム導入

 労働時間の集計や有給の管理など、人数が少ない内からもそうですが、増えていくとなおさら、人力での確認や集計では無理が出てきます。人数が少ない段階からシステムの大枠を整えておけば、人数が増えてきても管理が容易になります。勤怠管理がおかしくなると会社運営の問題に直結していくのできちんと整えておきましょう。

導入支援

 導入段階の設定、導入後の運用指導、クラウド勤怠管理システムの導入を考えている方はお気軽にus.officeにご連絡ください。

NEW

  • 社会保険料の算定賃金|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/09/27
  • 残業時間の上限|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2021/09/21
  • 1週間のスタートはいつ?|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2021/09/13
  • シフトの作成を簡単に|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2021/09/06
  • 最低賃金の推移|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/08/30

CATEGORY

ARCHIVE