平均の所定労働時間|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

query_builder 2021/02/24
ブログ
4286101_s

 月給の1時間単価を計算するときなど、所定労働時間の平均を元に計算をする場面は多々あります。この平均所定労働時間は意外と重要です。

所定労働時間

働く時間

 契約で決まっている働く時間を所定労働時間と言います。会社や働き方によって所定労働時間は変わってきます。

所定労働時間のルール

 所定労働時間にはルールがあります。それは法定労働時間以内であること。法定労働時間とは、労基法で定められている働く時間の上限で、原則1日8時間、1週間40時間。所定労働時間は必ずこの時間以内でなければいけません。※変形労働時間制などを活用している場合は異なります。

所定労働時間を使う場面

有給を取ったとき

 有給を取ると働かなくても給料がもらえることになりますが、有給を取った日は何時間働いたことになるのか。月給などは給料を減額しないだけというパターンが多く、あまり意識しないかもしれませんが、時給者の場合、多くは【1日の所定労働時間✖️時給】になります。

給料がどのくらい

 時給の場合は単純に【時給✖️労働時間数】で計算するので意識しないですが、月給は1か月の所定労働時間働いた場合の給料、日給は1日の所定労働時間働いた場合の給料ということです。所定労働時間とはつまり、給料の元になっている時間です。

残業

 法定労働時間を超えた部分は割増賃金が必要な残業になりますが、所定労働時間を超えた部分も残業と言われます。ただし残業は残業でも、法定労働時間を超えていない場合は割増をする必要はありません。

割増残業代

 割増の残業代を計算するとき、月給や日給の場合、まず1時間単価を計算します。この1時間単価を計算するときは【月給/1か月の所定労働時間】【日給/1日の所定労働時間】で計算をします。

平均の所定労働時間

平均を使う

 月給や日給の1時間単価を計算するときは所定労働時間を使うのですが、月や日によって所定労働時間にばらつきがあることがあります。この場合は1年間や1週間での平均の所定労働時間で計算をします。

どうやって平均を出す?

 平均の計算は単純に、1年間であれば1年間の所定労働時間を12(月)で割ればいいだけです。年間での所定労働時間が1920時間の場合は1920/12で月の平均所定労働時間は160時間になります。

法律上限の場合は

 ちなみにですが、法定労働時間の1日8時間、1週間40時間で1年間働く場合は、年間の労働時間が2085時間。2085/12で月の平均所定労働時間は173時間になります。※少数以下切捨

勤怠管理

勤怠管理システム

 労働時間や残業時間を管理するためには、まず所定労働時間をきちんと確認しておかなければいけません。所定労働時間をきちんと計算できなければ、正しい給与計算を行うことができません。クラウド勤怠管理システムを活用し、働き方のルールを明確にすることにより、月の所定労働時間などをきちんと管理できるようにしましょう。

us.office

 クラウド勤怠管理システムの導入、給与計算のアウトソーシングについて、お困りの際はus.officeにお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 休日割増の考え方|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/04/12
  • ノーワークノーペイの原則|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2021/04/05
  • 固定残業代を超えた部分|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/03/29
  • 【社会保険の扶養】間違いポイント|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/03/22
  • 年の途中で社会保険料が変わるとき|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/03/15

CATEGORY

ARCHIVE