社会保険料はどのように決まる?|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

query_builder 2021/02/09
ブログ
1027188_s

 給料から引かれる健康(介護)保険料と厚生年金保険料。これらの保険料はどのように決まるのでしょうか。

社会保険料

健康・厚生年金保険

 健康(介護)、厚生年金保険料は、単純に【給料の金額✖️保険料率】では計算をしません。等級表という表に当てはめて保険料を決めます。

どういうこと?

 簡単に説明をすると、給料が20万円〜25万円の人は保険料1万円、25万円〜30万円の人は2万円のように決まっているということです。

確かめてみよう

保険料等級表

 社会保険料等級表 

 保険料の等級表はこちらからご確認ください。都道府県ごとに異なるので、ご自身の該当都道府県の表を確認しましょう。都道府県は保険証で確認できます。

表のどこに当てはまる?

 この等級表でまず、自分の給料が報酬月額欄のどこに当てはまるのかを確認します。なお、給料には基本給はもちろん、通勤手当や住宅手当などの手当も含めます。基本的に給料として支給されているものはほぼ含めて考えると思っていいでしょう。含めないものは、臨時的な結婚祝金などです。現物給与がある場合は通貨に換算しなければいけないので、こちらから金額を確かめましょう。現物給与

等級

 報酬月額の欄で該当箇所がわかると等級が決まります。該当の等級の列が保険料になります。なお、40〜64歳で介護保険料も引かれる方は健康保険料の右の欄、給料から引かれる金額は折半額の欄です。折半額に1円未満の端数がある場合は、50銭以下切り捨て、50銭越え切り上げです。

決めるタイムミング

入社時

 入社時など、社会保険に加入するときに自分の給料に対する保険料がいくらかを決めます。雇用契約での給料を元に計算します。

1年に1回

 1年に1回、4・5・6月に支払われた給料を平均して社会保険料を決めます。これを算定基礎と言い、毎年7月に手続きを行い、9月〜翌年8月までの保険料を決定します。

給料が変わったとき

 社会保険料は1年に1回、算定基礎で決めた保険料を1年間使い続けるのですが、給料に大幅な変更があった場合は年の途中でも保険料が変更になります。これを月額変更(ゲッペン)と言い、少々ややこしいので、また別の機会に詳しく説明します。ちなみに、大幅な変更とは、3ヶ月の平均で等級が2つ以上変わるような変化です。

アウトソーシング

社会保険料

 社会保険料の計算や手続きは少々複雑な部分があります。制度を正しく理解して適正な給与計算を行いましょう。

us.office

 給与計算・労務手続きのアウトソーシングを検討の際はお気軽にus.officeにご連絡ください。

NEW

  • 固定残業代に含まれる残業時間|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/10/18
  • パートの有給日数|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2021/10/11
  • 労務手続きの期限|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/10/04
  • 社会保険料の算定賃金|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/09/27
  • 残業時間の上限|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2021/09/21

CATEGORY

ARCHIVE