シフトの作成・管理をクラウドシステムで|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

query_builder 2021/02/01
ブログ
1395092_s

 シフト制の会社の場合、シフトを作成しそれを労働者に周知して管理することは、適正な勤怠管理のために非常に重要な業務です。

シフト制

シフト

 働く時間が常に一定して決まっているわけではなく、早番や遅番などパターンがいくつかあり、一定期間ごとにシフトを作成する働き方。このようなシフト制の会社は多くあります。

作成・管理

 土日休み平日9〜18時勤務などの場合は必要ないですが、シフト制の場合は毎月シフトの作成という業務が発生します。労働者の希望を聞いたり、労働時間を調整したり、様々なことを考慮して作成しなければいけないのでかなりの時間がかかります。

周知・管理

 シフトを作成して終わりではありません。そのシフトを労働者に周知して、有給や欠勤などの申請があった場合はそれらの対応、シフトの修正を行わなければいけません。

管理方法

紙・エクセル

 シフトを紙やエクセルで作成・管理している場合、まず様々な要素を考慮して作成することが大変で、有給や欠勤の対応、シフトの修正をすることはもっと大変です。労働者に周知することも場所や時間に囚われてしまいます。

クラウドシステム

 クラウド勤怠管理システムであれば、システムでシフトを作成・管理ができるので、まず作成が簡単になります。労働者も自身のシフトをスマートフォンやPCで確認することができるので、周知も簡単にできます。有給や欠勤などの申請もシステムで行えるのでシフトの管理がマルッとできてしまいます。

クラウド勤怠管理システム

シフトの作成

スクリーンショット 2021-01-31 10.38.29

 まず、勤怠のパターンを登録しておくことで、月ごと労働者ごとに、時間ではなくパターンの選択でシフトの作成ができます。

周知

 労働者は自身のシフトをクラウド勤怠管理システムで確認することができます。スマートフォンやPCで確認できるので、管理者に紙のシフトをもらって保管しておかなければいけないなんてことがありません。

申請

 有給や欠勤などの申請もクラウド勤怠管理システムで行えるので、シフト作成後の勤務の修正等にも対応しやすくなります。

労働時間管理

 シフト制の場合、日によって労働時間が異なることがあるので、労働時間・残業時間の管理が難しくなります。人的な作業では管理に時間がかかってしまいますが、システムを利用することで労働時間の種類ごとに自動で集計が行えます。

効率化・適正化

効率化

 シフトの作成・管理という必ず行わなければいけない業務を、クラウド勤怠管理システムの利用により、かなり効率化することができます。

適正化

 クラウド勤怠管理システムの利用により、業務の効率化だけではなく、勤怠管理を適正に行うことができます。労働時間や有給の管理など、勤怠管理を適正に行うことで、労働者の定着につながります。

us.office

 業務の効率化、勤怠管理の適正化、クラウド勤怠管理システムの導入でお困りの際はお気軽にus.officeにご連絡ください。

NEW

  • 給料の情報を正しく把握しよう|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/05/10
  • 労働保険の年度更新|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/05/06
  • 就業規則の作り方|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/04/26
  • 深夜割増の考え方|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/04/19
  • 休日割増の考え方|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/04/12

CATEGORY

ARCHIVE