賞与に対する社会保険料|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

query_builder 2021/01/29
ブログ
4277449_s

 給料から毎月引かれる社会保険料、ボーナス(賞与)のときはどのように計算されるのでしょうか。

賞与

ボーナス

 賞与とはいわゆるボーナスと呼ばれているものです。夏と冬の2回支給されるのがポピュラーかと思いますが、年1回や3回、支給されない会社もあります。

社会保険の賞与

 社会保険料を計算する上で賞与とされるのは、年に3回以下の支給のものです。会社で賞与と位置づけされていたとしても、年に4回以上支給されるものは、社会保険料を計算する上では賞与ではなく、毎月の給料から引く社会保険料の算定に含めることになります。なお、働いたことに対するものではない結婚祝金などは対象外です。

社会保険料

雇用保険料

 賞与に対する雇用保険料は、給料を計算するときと同じ方法で計算します。【賞与総支給額✖️雇用保険料率】が賞与から引く雇用保険料です。

健康(介護)保険料

 給料から引く健康(介護)保険料は毎月決まった金額ですが、賞与に対する健康(介護)保険料は雇用保険料のように、料率をかけて計算します。【賞与総支給額(1,000円未満切捨て)✖️健康(介護)保険料率】が賞与から引く健康(介護)保険料です。なお、健康(介護)保険料に関しては、年度累計(4/1~3/31)で573万円が上限なので、この金額を超えた部分は保険料がかからなくなります。

厚生年金保険料

 賞与に対する厚生年金保険料も健康(介護)保険料と同じように計算をします。【賞与総支給額(1,000円未満切捨て)✖️厚生年金保険料率】が賞与から引く厚生年金保険料です。なお、厚生年金保険料に関しては、1ヶ月150万円が上限なので、この金額を超えた部分は保険料がかからなくなります。

負担割合

 会社と労働者での保険料の負担割合は給料のときと同じです。

賞与の手続き

賞与支払届

 賞与を支給したときは、賞与支払届を年金事務所に届出ないといけません。この届出をしなければ、賞与が支給されたことにならず、将来もらえる年金の額などの算定に含まれなくなってしまいます。

手続きを忘れずに

 健康(介護)保険、厚生年金に加入している者がいない場合は賞与支払届は必要ないですが、1人でもいる場合は手続きを忘れないようにしましょう。

保険料の納付

 賞与支払届を出すことにより、賞与に対する保険料が確定し、給料に対する保険料と合算されて翌月に納付することになります。

計算・手続き

 賞与は年に数回のことなので、支給する際の計算方法や必要な手続きを忘れがちですが、抜けのないように行いましょう。

us.office

 給与賞与計算のアウトソーシング、労務手続きのアウトソーシングをご検討の際はお気軽にus.officeにご連絡ください。

NEW

  • 給料の情報を正しく把握しよう|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/05/10
  • 労働保険の年度更新|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/05/06
  • 就業規則の作り方|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/04/26
  • 深夜割増の考え方|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/04/19
  • 休日割増の考え方|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/04/12

CATEGORY

ARCHIVE