労働時間の種類|社労士us.office 札幌 クラウド勤怠管理システム導入支援

query_builder 2020/12/25
ブログ
1485737_s

 労働時間と一括りにされますが、実は様々な種類があります。これらをきちんと理解していなければ、正しい勤怠管理、給与計算ができなくなってしまいます。

想定

 15〜23時(休憩18〜19時)の1日7時間勤務の人が、2時間残業をして15〜25(1)時労働となった日を想定してみましょう。

所定・法定

所定労働時間

 所定労働時間とは、契約で決められている自分が働かなければいけない時間です。ここでは15〜23時(休憩1時間)の7時間が所定労働時間です。この時間以内であれば所定内、超えていれば所定外です。

法定労働時間

 もう1つ重要なのが、法律で決められた上限である法定労働時間。1日8時間、1週間40時間が法定労働時間です。この時間以内であれば法定内、超えていれば法定外です。
※変形労働時間制などで異なるケースもあります。

深夜労働時間

 深夜労働は22〜5時です。この時間に働いていると深夜労働時間となります。
※一部23〜6時の場合もあります。

種類

所定内

 決められた労働時間以内なので、ここでは15〜23時までが所定内労働時間です。

所定外法定内

 決められた所定労働時間を超えているが、法律の上限である法定労働時間以内というケース。ここでは、23〜24時が所定労働時間は超えていますが、1日8時間は超えていないので、所定外法定内労働時間となります。

所定外法定外

 所定も法定も超えていると(所定外)法定外労働時間となります。ここでは、24〜25(1)時が所定労働時間を超え、かつ1日8時間も超えているので(所定外)法定外労働時間となります。

所定内深夜

 所定労働時間内であっても、深夜(22〜5時)に働いたら深夜労働となります。そのため、22〜23時は所定内深夜労働時間となります。

所定外法定内深夜

 所定労働時間を超えてはいるが法定内の深夜労働は所定外法定内深夜となります。ここでは23〜24時が所定外法定内深夜労働時間です。

所定外法定外深夜

 所定労働時間も法定労働時間も超えている時間が深夜に及んでいると(所定外)法定外深夜労働時間となります。ここでは24〜25(1)時が所定も法定も超えているので、(所定外)法定外深夜労働時間です。

休日

所定・法定

 休日も同様の考え方です。契約で決められている休日は所定休日、法律で決まっている1週間に1日の休日は法定休日です。※4週間に4日のケースもあり。

休日

 月曜始まりで土日休みの人が2日とも働いた場合、土曜日は所定休日労働、日曜日は法定休日労働です。

割増率

割増率

 労働時間の種類は給与計算での割増率に関係してきます。0.25倍、1倍、1.25倍、1.35倍、1、5倍、1.6倍。それぞれ何%割増で計算するのか、正しく理解していなければいけません。

重複

 上記の説明では便宜上、重複している部分もありますが、重複部分をそのまま給与計算するとおかしくなるので、注意しましょう。

us.office

 us.officeではクラウド勤怠管理システムの導入支援、給与計算アウトソーシングにより、適正な労働時間の管理、給与計算を実現しております。システム導入、アウトソーシングをご検討の際はお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 給与計算時、注意する確認事項|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/02/19
  • 深夜割増は絶対!|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/02/05
  • 固定残業代で給料はどのくらい変わる?|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2024/01/22
  • パワハラとはどういう行為?|社労士us.office 札幌 労務相談

    query_builder 2024/01/09
  • 時間単位の有給休暇|社労士us.office 札幌 勤怠管理システム導入支援

    query_builder 2023/12/25

CATEGORY

ARCHIVE