残業時間の集計方法|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

query_builder 2020/12/06
ブログ
970118_s

 昨今、残業時間の上限規制ができるなど、残業に対してより注目が集まっていますが、そもそも残業時間を正しく集計できていますか?

残業とは

働く上限

 まず、残業ではなく普通に働く時間にも上限があることを知っていますか ?聞いたことはあるかもしれませんが、原則1日8時間、1週間40時間です。これを法定労働時間と言い、この時間を超えて働くときは、事前に36協定と呼ばれる書類を会社と従業員で結び、労働基準監督署に届出なければいけません。

残業

 つまり残業とは、この1日8時間、1週間40時間を超えた部分のことを言っています。

もう1つの残業

 しかし、もう1つ残業と呼ばれている部分があります。それは上記で説明した1日8時間、1週間40時間を超えない残業です。どういうものかというと、例えば、パートやアルバイトの方で1日5時間働く人が、その日たまたま忙しくて6時間働いたとき、みなさん1時間は残業と言いませんか?つまりこの、働く予定の時間は超えているが、1日8時間、1週間40時間を超えない部分も残業と言うことがあります。

問題なのは

 上限規制や給料が割増になる残業は、1日8時間、1週間40時間を超えた残業です。1日8時間、1週間40時間を超えない部分も残業と言うことはありますが、あくまで上限規制や割増の対象になるのは、法定労働時間を超えた部分です。

残業時間

前提

 上記で説明したように、ここで集計する残業は1日8時間、1週間40時間を超えた部分です。なお、働いている時間なので、会社にいたとしても休憩している時間は除いて考えます。

1日8時間

 まず、1日8時間ですが、これは簡単かと思います。単純に働いた時間が、1日8時間を超えた部分を残業としてカウントします。9時間なら1時間、10時間なら2時間です。

1週間40時間

 こちらも難しくはありません。単純に1週間の累計で40時間を超えた部分を残業としてカウントします。では、1週間とはいつからいつまでのことか。この1週間のスタートを何曜日にするのかは会社が決められます(就業規則などに規定)。月曜日と決めたら月曜日から日曜日まで、水曜日と決めたら水曜日から火曜日までです。会社が何も決めていなければ日曜日スタートになります。

集計

1日ごと

 まず、1日ごとで残業時間をカウントしなければいけません。10時間働いた日と2時間しか働かなかった日があったとしても、8時間超えの2時間は残業としてカウントします。2日間でみたら12時間しか働いていないし、残業なんてないでしょとはなりません。

1週間ごと

 週でも同じです。1週間で40時間なので、もしも1ヶ月で45時間働いた週と5時間しか働いていない週があった場合、1か月で見ると全然働いていないし残業なんてないでしょと思うかもしれませんが、1週間で40時間を超えた5時間は、残業としてカウントしなければいけません。

重複したら


 では、残業時間の集計で唯一ややこしい部分を説明します。それは1日8時間超えと1週間40時間超えがかぶった部分。下記のように働いたとき。

1日8時間を超えている火曜日の2時間、1週間で40時間を超えている4時間、2つを足して残業6時間、とはなりません。1日8時間超えの部分でカウントした2時間は、1週間40時間超えでカウントするときは除いて考えます。要するに2回カウントはしないということです。つまり、この週の残業は火曜日の2時間と、週での2時間(4−2)で4時間になります。


順番に

 残業時間を集計するときは、まず1日8時間超えの部分を確認し、次に1日でカウントした時間を除いて、1週間40時間超えの部分を確認するのがいいでしょう。

例外もある

 上記で説明したものは、あくまで原則の残業時間の集計方法です。例外ケースも多々あるので、気をつけましょう。

例外ケース

 では例外ケースとは何か。聞いたことがあるかもしれませんが、フレックスや1ヶ月単位の変形労働時間制など、いわゆる変形労働時間制と呼ばれる制度を使っている場合、原則とは異なる集計方法になります。また、社長と同程度の権限を持った役職者、いわゆる管理監督者と呼ばれる人たちなどは、労働時間の規制が対象にならないこともあります。

原則は大事

 例外ケースはありますが、あくまで原則の方法をベースにしているので、基礎として原則の集計方法をきちんと理解しましょう。

勤怠管理システム

手計算では無理

 残業時間の集計を人力の手計算で行っていると莫大な時間がかかり、ミスも多くなります。従業員が多いとかなり大変です。

勤怠管理システム

 勤怠管理システムを導入すると、残業時間の集計はシステムにより自動で行えます。出退勤の打刻などをきちんと行うだけで、手計算せずとも、リアルタイムで残業時間の集計をすることができます。もっと言うと、残業時間だけでなく、普通の労働時間や遅刻・早退の時間なども集計できます。

導入支援

 時間の集計を自動で行え、ミスも削減でき、かつ人力でやっていた業務をなくすことができるので、生産性向上、コスト改善にもつながります。us.officeでは勤怠管理システムの導入支援も行っているので、お気軽にご連絡ください。

NEW

  • 給料がマイナスになるケース|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/12/06
  • 最低限の給料とは?|社労士us.office 札幌 給与計算アウトソーシング

    query_builder 2021/11/29
  • 初めて従業員を雇用したときの手続き|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/11/22
  • 従業員が退職したときにやること|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/11/15
  • 労務手続きの担当窓口|社労士us.office 札幌 労務手続きアウトソーシング

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE